マルイ 学生ローン

学生ローンのマルイとは?

学生ローンのマルイは、同業者の集中している東京都新宿区高田馬場に店舗を置き、高卒以上の大学生・大学院生・短大生・専門学生・予備校生などを対象に融資をしている消費者金融です。

 

学費以外にも就職活動や生活費・旅行費用・運転免許証の取得費用、プレゼント代など多くのことに利用可能となっていますが、初めにそんなマルイの貸付条件を紹介しておきます。

 

マルイの貸付条件

融資対象 安定した収入のある学生(高卒以上)
融資金額 1万円〜50万円
融資年率 15.0%〜17.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(実質年率)
返済方式 自由返済方式
返済期間 3年間(返済回数:1回〜36回)
借入れ方法 振り込み、店頭手渡し
返済方法 振り込み、店頭持参
必要書類 学生証(必須)、その他運転免許証・健康保険証があれば審査で有利
担保・保証人 原則不要

マルイでキャッシングを利用する時にはこのようなことが基本となります。詳しくは以下を参照してくださいね。

 

マルイキャッシングの基本は3つ

マルイには3つの基本となるポイントがあるんです。

  • 低金利
  • スピード審査
  • 秘密厳守
  • 自由度の高い返済方式

学生ローンのマルイHP

このようなことがマルイの人気の理由ともなっているようですが、詳しい内容について解説していきます。

 

マルイは比較的低金利な消費者金融

マルイの金利は15.0%〜17.0%と消費者金融の中では比較的低金利となっているのです。もちろん銀行の金利と比較すれば高金利としか言えませんが、消費者金融から少しでもお得にお金借りたいという場合にはおすすめとなります。

 

学生を融資の対象としていることから金利が高いと利用をためらってしまいますし、それならばテレビCMで有名な人気キャッシングサービスで借りた方が便利と考える人も多くなるため、大手との差別化を図る意味でも低めの金利を設定しているのでしょうね。

 

マルイには金利引下げキャンペーンもある!

マルイには友達を紹介すると金利の引下げを受けられるキャンペーンがあるんです。1人紹介するごとに1.2%の金利引下げとなるため、多くの友達を紹介すればそれだけ低金利で返済していけることになります。

 

さらに紹介した友達の利用額に応じたクオカードを貰えるというキャンペーンもあるんです。友達の利用額が1万円〜10万円ならば1,000円分のクオカードとなり、それ以降は金額により1,000円分ずつ増額され、最大では50万円の利用で5,000円分のクオカードとなります。

 

マルイの審査は早い

マルイは最短20分というスピード審査となっていて、これは大手のキャッシングサービスをも凌ぐ早さと言えます。マルイのホームページでもトップ画面で審査の早さについて説明しているんです。

〜学生ローンは低金利で審査が早い!!〜

金融会社のターゲットはさまざまで、学生さんの借入サポートを専門的におこなっているのが学生ローンです。 学生ローンの特徴はやはり低金利で審査が早く、お借入がスムーズに済むのが特徴。 基本的に学生ローンは、無担保でしかも保証人がなくても借りられるようになっています。 そのため手続きは他のローンに比べて簡単に行うことが出来ます。 また学生さんでローンを組みたいのだけど、 親にバレるのが気になるという人もいるのではないかと思います。 しかし学生ローンでは、基本的に親への連絡は行われない のでご安心ください。【引用:マルイHP


また、マルイでは最大50万円までの借入れが可能ですので、少しまとまったお金を借りたい時にもおすすめです。このように審査に掛かる時間が短く、普通のローンよりも比較的低金利でキャッシングできることもマルイが人気となっている理由と言えるでしょう。

 

また、一度利用したことがある人が再利用をする場合には、最短10分ほどで審査が完了することもあるため、即日融資が希望の場合にも便利なサービスとなります。

 

秘密厳守でお金を貸してくれる

マルイは親バレしたくない学生さんにも便利なサービスとなっています。もちろん、在籍確認もないためアルバイト先に電話が掛かって来るという心配もありません。誰にも内緒でキャッシングすることが可能になっているのです。秘密厳守となっているため、家族や友人など誰にもバレる心配なく利用できます。

 

そのため学生にとって借りやすいローン業者であると言えますが、学生時代に利用していれば社会人になっても同様の利用条件で再利用や追加融資が可能になっているのです。そのため、就職後も一般的な消費者金融よりも比較的低金利である上に、職場への在籍確認なしでお金を借りることが可能です。

 

マルイは自由な返済スタイルが魅力

マルイで借りたお金を返す場合には、自由返済方式となっていますので、毎月の返済期日までに利息以上の支払いをするだけで大丈夫なんです。殆どの学生ローン業者ではリボルビング方式(リボ払い)による返済方法となっているため、毎月の返済額を自分で決めることはできません。

 

マルイでは毎月利息を最少返済額として支払うことができれば、無理をしてそれ以上のお金を返済する必要はないのです。10万円を金利17.0%で30日間借りた時の利子はこのようになります。

10万円×17.0%÷365日×30日=1,397円(1ヶ月の日数を30日間とした場合)

 

毎月の最少返済額は1,397円ということになり、最低限この金額を支払うことができればOKということになります。

 

利子だけの返済だといつまでも借入元金が減らないまま

マルイの返済期間は3年間となっていますので、毎月ずっと利子の支払いだけを続けていたのではいつまでも元金が減らないばかりか、借入後から3年後には借入れの残金を一括返済する必要も出てきます。

 

例えば10万円借りて17.0%の利子を36回中の35回まで続けて行く場合、支払う利息の総額はこのような金額になるのです。

30日間借りた時の利子1,397円(10万円×17.0%÷365日×30日)×35回=48,895円(1ヶ月の日数を30日間とした場合)

そして最後の36回目に10万円を一括返済する必要があるため、総額で約14万9千円の支払いをすることになります。
つまり、借りた10万円に対して半分近くの利子を支払うことになるため、非常に非効率的な返済方法と言えるでしょう。

 

それならば、10万円を均等に36回で返済するのがおすすめであり、そのためには毎月3,500円程の支払いが理想的と言えるでしょう。それならば、利子の支払い総額は約26,000円で済ませることが可能になります。