生協 学生ローン

大学生協も学生が借金できる場所になっている!

多くの大学では生協(全国大学生活協同組合連合会)を設立しています。そしてその組合員となっていれば大学生協も学生ローンのように学生が借金できる場所となっているんです。

 

この大学生協で利用できる融資は以下の2つとなっています。

  • Tuo(トゥオ)カード
  • 大学生協ローン

どちらも18歳以上の組合員だけが利用できるキャッシングとなっていますが、その他についての内容は全く異なっていますので以下で比較してみます。

 

Tuo(トゥオ)カードと大学生協ローンの違い

融資の種類

利用条件

利用できる使い道

利用限度額

金利

Tuo(トゥオ)カード

  • 大学生協の組合員になっている大学生(満18歳以上)・大学院生・教職員であること
  •  

  • 30万円以上のショッピング枠の利用・未成年の場合には親の同意が必要
  •  

  • 1,250円の年会費が必要(初年度無料・2年以降も前年に1回以上の利用があれば無料)
  • ショッピング(大学生協のお店や食堂・旅行費用や街でのショッピングなど)
  •  

  • キャッシング(TuoカードVISA「キャッシングリボ・海外キャッシングサービス)
  • ショッピング:5万・10万・30万
  •  

  • キャッシング:5万円
  • ショッピング:6.5%・8.04%
  •  

  • キャッシング:15.0%・18.0%

大学生協ローン

  • 大学生協の組合員になっている大学生(満18歳以上)の大学院生・教職員であること

     

  • 学生の場合は年齢に関係なく親の連帯保証人自筆の署名と捺印が必要
  • 生協が取り扱う商品・サービス(自動車教習所、旅行など)
  • 1万円〜100万円
  • 9%
  • このように両者の内容は利用できる人の条件・サービスの内容・金利などで大きく異なっているんです。以下でこれらの点についてもう少し詳しく紹介していきます。

     

    Tuo(トゥオ)カードとは、大学生協組合員のためのサービス

    Tuo(トゥオ)カードは、大学生協と三井住友カード株式会社の提携により生まれた、大学生協組合員である18歳以上の学生と教職員のためのクレジットカードです。

     

    このTuo(トゥオ)カードの使い道は2つあります。

    1. ショッピングの後払い
    2. キャッシングの利用

    これらはクレジットカードの機能でもあるワケですが、ただし利用には通常のクレジットカードと比較して違う条件となっている場合もありますので、以下で説明していきましょう。

     

    Tuo(トゥオ)カードをショッピングで利用する方法とは?

    Tuoカードで学生が申し込みするためには、まず申し込みをする必要があるのですが、その際には希望する利用額を決める必要があります。利用額は5万・10万・30万の3つの枠から選択することができるようになっているのですが、審査があるため希望の利用枠とならない場合もあるので注意しましょう。

     

    また、申し込みは通っている学校の大学生協での手続きとなりますが、全ての大学で大学生協があるとは限らないため、残念ながら進学した大学にない場合には次の方法で申し込みしてみてください。

    通学している大学に生協がない場合

    生協のない大学に異動、転任、進学された場合、お近くにインターカレッジコープ(※)がある場合はインターカレッジコープ加入後、あらたにTuoカードをお申し込みください。

     

    ※インターカレッジコープ・・・キャンパス内に大学生協がない学校の学生・院生・教職員が、個人で加入する大学生協(2015年11月現在のインターカレッジコープ:みやぎ・東京・愛知・大阪・福岡・熊本)【引用:Tuoカードの使い方「新しい大学に生協がない場合」

     

    Tuo(トゥオ)カードでショッピングするための条件と使い道とは

    Tuo(トゥオ)カードを利用してショッピングするための条件とはこのようになっています。

    • 大学生協の組合員になっている大学生(満18歳以上)、大学院生、教職員であること
    • 未成年やショッピング枠で30万円の利用を希望する場合には親の同意が必要
    • 年に1,250円(プラス税)の会費が必要(初年度無料・2年目以降も前年に最低1回の利用があれば無料)

    利用にはまず大学生協の組合員になる必要があり、18歳以上の大学生などがその対象となれるのです。ただし、18歳であり大学付属の高校に通っている場合であっても、高校生の利用は不可となりますので注意しましょう。

     

    ただし、基本的には年に1,250円+税の会費の支払いが必要になります。初年度は無料となっているのですが、2年目以降に一度もカードの利用がないと年会費が発生しますので、計画的に利用するのがおすすめです。

     

    それでも、上記の条件に該当すれば利用できる場所や使い道は多いため便利な1枚と言えるでしょう。

    • 大学生協の店舗や食堂
    • ショッピング(一般のお店)
    • 海外旅行代金
    • プロバイダー料金などの支払い

    【参考:Tuoカード申込方法

    Tuoカード1枚あれば、キャッシュレスでの大学生協の店舗での買い物、食堂の利用ができますし、海外旅行でのショッピングにも利用可能です。またこのカードには最高2000万円までの海外旅行傷害保険も付帯されています。

     

    もちろん、街中での買い物の代金の後払いやプロバイダー料金・携帯電話の料金などに利用することもできるので、学生ローンとして幅広い利用が可能です。

     

    Tuoカード申し込みに必要な書類とは

    Tuoカードに申し込みする時の必要書類は次のようになります。

    • 本人の預金口座の番号・お届印
    • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・住民票・パスポートなど)
    • 親権者の同意確認書類(確認のハガキが郵送される)
    • 写真(写真付カードの発行が可能で希望をする場合)

    必要となる銀行口座は本人名義のものとなっています。また親権者の同意が必要となる場合には、後日郵送で確認のハガキが届くことになります。
    写真付カードは東京都の大学生協などでは取扱いがないため、通っている大学の地域によりカードの仕様が異なる場合もあるため確認が必要です。

     

    申し込み書類や必要書類の提出が済み、審査に通ることができれば3週間程度でカードが郵送(書留)されてきます。カードが届いたらその日から利用可能になるのですが、新学期などは申し込みが混むためそれよりも時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

     

    Tuoカードの返済には5つの方法がある

    Tuoカードの利用代金を返済する方法には5つが用意されています。

     

    Tuoカードの返済方法

    Tuoカードの返済方法

    内容

    金利

    1回払い

    毎月15日までの利用分を翌月10日に一括引落し

    無利子

    2回払い

    毎月15日までの利用分を翌月10日と翌々月の10日に分割して引落し

    無利子

    ボーナス一括払い

    • 夏:8月10日に引落し(12/16〜6/15利用分)
    • 冬:1月10日に引落し(7/16〜11/15利用分)

    無利子

    3回払い以上の分割払い

    3・5・6・10・12・15・18・20・24回から選べる(ボーナス併用も可能)

    6.5〜8.0%

    リボ払い

    毎月一定の金額を引落し

    8.04%

    ただし、毎月10日の他にも26日払いの選択も可能になっています。(月末までの利用分の支払い)詳しくはコチラを参照してください。

     

    留学生の利用も可能

    大学生協の組合員であれば留学生でも申し込みすることはできます。利用するための条件については通常のサービスと同様ですが、用意する必要書類については一部で異なり、以下の内の本人確認書類のいずれかが必要になります。

    • 在留カード
    • 住民票の写し
    • 特別永住者証明書

    【参考:本人確認書類について

    ただし、証明書の内容に変更がある場合には表だけでなく裏面のコピーも必要になりますので要注意です。

     

    留学生が帰国する場合には、継続してTuoカードを利用することはできません。その場合には利用代金の残金支払いとカードの解約が必要になります。

     

    卒業後は自動的に社会人(一般)カードへ切替えとなる!

    Tuoカード学生用は卒業予定年の3月末日までの有効期限となっています。ですが、引き続きカードの利用をしたい場合には自動的に有効期限となる前に社会人カードへ切り替わりますので、案内に従って手続きをすれば大丈夫です。

     

    また引き続きカードを利用することを希望しない場合には、解約や一般カードの発行手続きの停止をすることもできるので、必要に応じて対応してもらえるようになっています。

     

    Tuoカードでキャッシングを利用する方法とは

    Tuoカードではショッピングの後払いだけでなくキャッシングの利用も可能です。ただし利用できる金額は最大で5万円であり、次の通りとなります。

    • キャッシングリボ
    • 海外キャッシングサービス

    これらはキャッシングの申し込みをすると同時申し込みとなるのですが、カード到着後にキャッシング枠の取り消しをすることは可能です。

     

    両者では利用や返済の方法にそれぞれ違いがあるので、詳しく説明していきます。

     

    キャッシングリボの利用方法と内容

    キャッシングリボは最大5万円を手持ちのTuoカードで口座振込みあるいはATMからの現金引出しにより利用することができるんです。その際に適用される金利とはこのようになっています。

    • 三井住友プラチナカード会員・ゴールドカード会員・プライムゴールド会員:15.0%
    • 三井住友VISAカード会員:18.0%

    【参考:三井住友カード株式会社「キャッシングリボ」

     

    また返済方法については、毎月1万円〜5万円の間で一定額を支払うこととなります。利用には担保不要・保証人なしとなっていますが、返済が遅れると遅延損害金が発生するため注意が必要です。

    遅延損害金とは

    金銭貸借契約を結ぶ際の契約項目には必ず「返済期日」があります。この返済期日の約束を守らなかった場合、借主の義務を果たせなかったとして『債務不履行』となり、損害賠償を負うことになります。
    借金返済で債務不履行があった場合の損害賠償のことを一般的に『遅延損害金』とよんでいます。
    【引用:遅延損害金の利息<金利の基礎知識>

     

    海外キャッシングサービスの利用法と内容

    海外キャッシングサービスは、現地での金融機関の窓口あるいはATMを利用する方法となります。金利は一律で18.0%となり、返済方法は支払い日に利息と併せて一括払いとなるのです。この点ではキャッシングリボと大きく異なるため注意しましょう。

     

    詳しくはコチラを参照してください。

     

    大学生協ローンとは学生のための低金利ローン

    大学生協ローンとは立替払クレジットとも言われていますが、大学生協と株式会社セディナが提携して行っている学生のための低金利ローンサービスのことです。

     

    申し込みできるのは18歳以上の学生と教職員であり、かつ大学生協組合員であることが必要となります。ただし、学生の場合は18歳や19歳の未成年だけでなく20歳以上の成人であっても親権者の連帯保証人が必要です。申し込みには親の自筆による署名と捺印が必須となります。

     

    大学生協ローンで借金できる場所は限定的となっている

    大学生協ローンの利用は、生協で購入するものやサービスに限定されているんです。そのため、その他の場所での買い物やサービスに利用したいならばTuoカードの利用がおすすめとなります。

     

    ただし、高額利用が希望ならば大学生協ローンで物を購入したり旅行や自動車教習所などのサービスを利用した方が良いでしょう。こちらのローンでは一般的な学生ローンとは違い1万円〜100万円という高額の利用も可能になっているからです。

     

    大学生協ローンで借金する方法とは

    学生生協ローンで借金するにはまず申し込み方法を知る必要があります。そして利用条件や返済方法についても予め良く把握しておきたいものです。

     

    大学生協ローンの利用方法

    申し込みする場所 それぞれの大学生協の店舗内、Webで申し込みできる店舗もある
    提出する必要書類 申込書(用紙は店舗内)、組合員証、金融機関の口座名・口座番号、お届け印
    支払い方法 分割払い・ボーナス併用・ボーナス1回払い・ボーナス2回払い

    上記のような必要書類を揃えて大学生協の店舗内で申し込みをすれば、9%という低金利でローンを利用することが可能になります。

     

    また支払い方法には4通りあるのですが、詳細は以下のようになっているんです。

    • 分割払い:3・6・10・12・15・18・20・24・30・36・42・48・54・60回
    • ボーナス併用:ボーナス加算月は夏 6・7・8月、冬 12・1月
    • ボーナス1回払い:初回の支払月から6ヶ月以内
    • ボーナス2回払い:@初回の支払い月から6か月以内、A初回の支払い月から12ヶ月以内

    関連ページ

    国からお金を借りたい!学生が借金できる場所とは?
    学生が借金できる場所には国も含まれているんです。国の教育ローンと都道府県の社会福祉協議会の融資制度がそれに該当するのですが、それぞれに利用できる条件や融資の内容に違いがありますので、コチラではこの2つの貸付制度について解説しています。
    奨学金から借金する方法と利用できる場所とは?
    日本学生支援機構の奨学金には償還不要なものから無利子・低金利ながら利子が付くものまで色々なタイプがあります。利用には厳しい条件がある場合もあるため、必ずしも学生ならば誰もが融資を受けられるとは限りません。その場合ならば学生ローンの方が便利と言える場合もあり、その他にも奨学金はあるので、こちらではこれらの情報をまとめて紹介しています。
    ゆうちょ銀行は学生が借金できる場所となっている?
    ゆうちょ銀行は学生でも借金できる場所となっています。担保となる定期・定額貯金・国債などがあれば低金利での借入れも可能ですし、その他にもJP BANKカードでのキャッシングも可能になっているんです。
    学生が借金したい時に頼れる場所は親や友達・彼氏や彼女?
    学生であっても金欠で困った時にお金を捻出する方法はいくつかあります。物を売ったりアルバイトをすることは一般的ですが、その他にも副業という方法もあるんです。また親や友達・彼氏彼女から借金をするという選択肢もあるのですが、キャッシングを利用した方が手っ取り早い場合もあるでしょう。