学生ローン 審査 在籍確認

学生ローンの審査には在籍確認がない?!

キャッシング審査を受ける際に超えなければならない壁の1つに在籍確認があるのですが、学生ローンの審査にはその壁はなく、アルバイト先の在籍確認なしとなる場合が多いです。

 

通常、金融機関からお金を借りる場合には借入れの申し込みをした人の返済能力を確認するため、申込フォームに入力した勤務先へ電話をかけて、その人が実際にその職場で働いているか確かめるという手続きを行っています。これが在籍確認というものであり、審査の最終段階で実施されているんです。

 

一方、学生ローンは消費者金融であることには変わりありませんが、以下の理由により在籍確認は省略されることが多くなっています。

学生ローンに在籍確認がない理由

 

  • 学生のアルバイトは流動的であり、在籍確認を取りにくい
  • 職場バレを心配する学生の事情に配慮している
  • 電話による審査を在籍確認の代わりとする業者が多い

【参考:学生ローンの審査は?

 

学生のアルバイトは流動的であり、在籍確認を取りにくい

大学生や短大生、専門学校生の場合、高校生とは違いアルバイト先は1つではなく複数の掛け持ちをしていることもあります。キャッシング会社が在籍確認を取った場合に、その時間帯に本人が勤務していない場合もありますし、また流動的であることがアルバイトの特徴でもあるため、そこで働いているスタッフの全員が必ずしも全てのアルバイトの把握をしているとは限らないでしょう。

 

学生ローンは最大でも50万円までの融資となっていることもありますし、学生のアルバイトは在籍確認が取りにくいということも分っているため、その手続きにかかる時間や手間を省きたいということもあるのでしょう。

 

職場バレを心配する学生の事情に配慮している

学生だけでなく社会人でも同じと言えますが、職場への在籍確認は借金が職場や同僚にバレる最大の心配事となるでしょう。そのため、誰もが在籍確認を回避したいと思うかも知れませんが、学生ローンならば学生の事情に配慮してくれるサービスとなっているため、在籍確認は基本的になしとなっているんです。

 

これは学生が気軽に申し込みできるような体制を整えるためであり、各社が同様に実施していない状況となっているため、集客を狙っているというのも1つの理由と言えるでしょう。

 

在籍確認なしの学生ローンは社会人にも人気!

通常のキャッシングサービスならば、借入れの申し込みをすると基本的に在籍確認は行われます。ですが、学生ローンを利用するようにすれば、勤務先への電話連絡を回避することが可能となるため、社会人であっても学生ローンでお金を借りる人も多いようです。(参考:社会人になっても学生ローンを利用できるの?

 

また学生ローンの金利は有名な人気キャッシングサービスよりも低めの金利になっていますので、その点でも社会人が通常の消費者金融ではなく学生ローンを利用する理由と言えるかも知れません。

 

学生ローン業者の中には、社会人やフリーターになってからでも新規申し込みができる所もあるんです。

 

社会人が新規申し込み可能な学生ローンとは

業者名 利用条件

イーキャンパス

20歳以上の社会人ならば80万円までの申し込みが可能

キャンパス(ヤングローン)

34歳までの社会人ならば50万円までの申し込みが可能

アイシーローン

20歳以上の社会人ならば50万円までの申し込みが可能

 

【参考:社会人でも借りられる学生ローン
このような業者ならば学生時代に利用していなくても在籍確認なしで新規借入れができる可能性もあるので、消費者金融で借金したい時には、選択肢の1つに入れてみるのも良いかも知れません。

 

 社会人が学生ローンを利用する場合の注意点について

 

社会人が学生ローンを利用する場合には業者によって制限がある場合もあるんです。

  • 学生時代から利用している
  • 社会人の利用は一定の年齢に達するまで
  •  

    学生ローンとは通常、学生専用のローンとなっていますが学校を卒業したからといってすぐに利用不可となるワケではなく、卒業後に借入残高の一括返済を求められることもありません。また、学生の時から利用していれば社会人になっても引き続き借入れ可能ですが、それ以外の社会人やフリーターなどの利用は不可となっている業者が多いです。

     

    ただし、その場合でも学生ローンの利用が一生できるとは言えませんので、上限の年齢については申し込みをする前に確認することがおすすめです。【参考:キャッシングとカードローンのそもそもの違い

 

電話による審査を在籍確認の代わりとする業者が多い

学生ローンでは在籍確認はありませんが、その代わりに申し込み後にかかる電話で審査が実施されることも多いです。この電話で特に不審なことがなければ、その場で審査終了となることが多くなっています。

 

また店頭に来店して申し込みをする場合には対面による審査となりますが、その場合でも同様に在籍確認を実施することはありません。ただし、この時に話のつじつまが合わないないどで、不明な点があった場合には本人の確認を取った上でアルバイト先への電話確認がある場合も時にはあるようです。

 

万が一、学生ローンで在籍確認があったらどうしたらイイ?

基本的には学生ローンは在籍確認が実施されない業者であると言えます。ただし、業者の方も借金の踏み倒しや貸し倒れだけは防ぎたいと考えるため、場合によっては在籍確認がある場合もあります。ただし、業者が社名を名乗ることはなく個人名で電話をしてくれるため、心配は不要です。
それでは万が一、在籍確認の電話がかかってしまった場合には職場バレが心配になることでしょう。そのためその時には苦しいながらも言い訳をする必要がありますよね。その場合に考えられるのは次のようなこととなるでしょう。

  • 奨学金のことで電話が来たのかも知れない
  • 学生でも使えるクレジットカードの申し込みをした
  • 自動車教習所でローンを組んでいる

あなたがバイトに出ていない時にあなた宛てに電話がかかって来たと職場の人に言われた時には、このような言い訳をすると良いかも知れません。ただし、以下のようなことも考えられるため言い訳を言う時には注意が必要です。

 

職場への言い訳についての注意点

言い訳をするということは、少し悪い言い方をすれば「嘘をつく」ということです。どんな言い訳をするにしても、まずはその言い訳がホントであることを相手に信じ込ませないといけません。
生半可な言い訳をしてしまうと、ひょんなことから相手にバレてしまう可能性があります。バレない言い訳とは、ズバリ言い訳の内容が今後に影響を与えないような言い訳のこと。
1回嘘をついてからその後ずっと嘘をつき続けないといけない言い訳をしてしまうと、後になってバレてしまうリスクが高まります。
【引用:「言い訳」だということがバレないかどうか

 

在籍確認が心配ならばその原因を作らないことが大事!

学生ローン業者に在籍確認をされないためには、何よりもその原因を作らないことが大事となります。提出した書類と申し込みの内容に違いがあったり、電話での審査の際に不審に思われるようなをつくのも厳禁と言えるんです。

 

嘘をつくと在籍確認をされる可能性が高まるだけではなく、審査に落ちてしまうことも多くなるんです。どうしてもお金を借りれないと困る時には特に申し込みで嘘をつくのは控えるべきですし、学生ローン業者からの信用を失うようなことはしないようにしましょう。

 

社会人ならばモビットもおすすめ

社会人の方は、大手消費者金融のモビットならWeb完結で申し込みができるようになっているため、学生ローンだけでなくコチラもおすすめとなります。モビットでは電話の代わりに書類の提出で在籍確認を行うことも可能になっているからです。

 

ただし、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていて、社会保険証や社員証などの提示ができることが条件となりますが、これらの条件に当て嵌まる場合には利用を考えても良いでしょう。

関連ページ

学生ローンは即日審査も可能!今すぐ借りたい時にもおすすめ
学生ローンの審査を初めて受ける場合には何かと心配なこともあるでしょう。申し込みをしたらいつ頃お金を借りられるのかということは重要であり、そのためには即日審査を受ける必要もあるのです。それでは、そのためにはどのようなことに注意したらよいのでしょうか。
ブラックリストに載ると学生ローン審査に通らない?
ブラックリストに載るという言葉は学生の皆さんも聞いたことがあると思います。それでもどのような条件でこのような状況となるのかについては余り知らない人も多いと思いますので、コチラではブラックリストと事故情報について解説していきます。