学生ローン 車 100万

車が欲しい!購入に100万円足りない時にはローンがおすすめ

大学生や専門学校生などになると、自動車学校に通い運転免許証を取得して友達や彼氏彼女などとドライブに行きたいと思うこともあると思います。自動車学校で教習を受けるには平均して30万円ほどの費用が必要と言われていますし、無事に運転免許証を取得できると今度は車が欲しくなることでしょう。

 

車の購入代金については車種やグレードによって大幅に差があり、新車では300万円以上もする物があれば100万円弱でも買える物まであります。また、中古であっても100万円を超える物もありますが、30万円程度で買える物もあるのです。

 

例えば、価格が100万円の車の購入費用を100%キャッシングで調達したい場合、最大でも50万円が限度額となっている学生ローンを利用するならば、最低でも2社からの借入れが必要です。それでも、例えばバイトで貯めた貯金が80万円ある場合ならば、不足分の20万円を学生ローンから借りるなどの利用方法もあるでしょう。

 

学生ローンで合計100万円借りるなら300万円以上の年収が必要!

車の購入資金は高額となるため、必然的に借入れの金額も高額となる可能性もあります。例えば100万円の車の購入資金を借りる場合には300万円以上の年収が必要になります。学生がアルバイトで稼ぐには厳しい金額と言えるでしょう。

 

100万円の借り入れには300万円以上の年収が必要になる理由は、総量規制にあるんです。個人の総借入額は年収の3分の1以内というボーダーラインは、かつて借り過ぎにより自己破産をする人が続出したことで貸金業法に新しく追加された法律であり、消費者金融などの貸金業者でお金を借りる時のみに適用されることとなっています。

 

車の購入に高額借入れが必要なら銀行のマイカーローンがおすすめ

キャッシングの用途が自動車の購入資金ならば、次の理由により学生ローンよりも専用のローンの方がおすすめとなります。

  • 学生ローンよりも専用ローンの方が低金利
  • 車の購入に必要な金額の借入れが可能

ただし、学生はマイカーローンを利用できるのかについては少々不安があると思いますが、学生の利用を不可としていない銀行の自動車ローンがあります。

 

学生も利用可能な銀行のマイカーローン

ローンの名前 利用可能額 金利

伊予銀行マイカーローン

10万円以上1,000万円以下

固定・変動2.5%

広島銀行マイカーローン

10万円以上1,000万円以下

固定3.154.95%、変動2.604.40%

横浜銀行マイカーローン

1,000万円以内

変動2.1 2.8

関西アーバン銀行マイカーローン

1,200万円以内

固定2.4%〜3.7%、変動1.4%〜3.3%

【参考:学生は車をローンで購入できる?どこでお金を借りるかについて

 

上記の銀行では20歳以上で安定した収入のある人が利用条件となっていますので、学生であってもマイカーローンでお金を借りられる可能性があります。また銀行のローンならば総量規制の対象外となりますので、年収による借入額の制限がないんです。

 

審査が心配ならばディーラーローンの利用を!

銀行のマイカーローンには学生でも利用可能な場合もありますが、審査の厳しさが気になるところでしょう。それならば車を購入する時に契約できるディーラーローンの方がおすすめとなるんです。

 

ディーラーローンを銀行のマイカーローンと比較した場合の特徴にはこのようなことがあります。

  • 銀行のマイカーローンより比較的金利が高め(4%〜10%)
  • 審査が早くて通りやすい
  • 土日でもローンを組むことができる

【参考:ディーラーローンのメリットは手続きが楽!審査も通りやすい

銀行のマイカーローンが2%〜4%台であるのに対してディーラーローンは4%〜10%と高めです。それでも学生ローンが15.0%〜17.0%という金利になっているのと比較すれば非常に低金利であることが分かるでしょう。

 

また銀行のマイカーローンは1〜2週間程の時間を審査に要しますが、ディーラーローンは30分〜1時間ほどで審査結果が出ますし、土日であってもローンを組むことが可能なので、この点ではディーラーローンの方が便利と言えますよね。

 

ディーラーローンのメリット

ディーラーローンの最大のメリットはスピーディーで審査が優しいということです。
基本的には営業マンが書類を記し、信販会社にFAXで確認を取ることになります。営業マンにとってはその審査が通らなければ売上実績にならないので、全力で審査を通すことを考えてくれます。もちろんローンでなければ購入しないという方が多いからです。【引用:ローン審査は厳しいのか。審査を通すポイントは

 

学生が専用ローンで車を買うなら親に内緒はムリ!

学生ローンならば20歳以上ならば親に内緒でお金を借りることができますし、なかには18歳や19歳の未成年であっても特に親の承諾を得なくてもキャッシング可能な業者もあるんです。それと比較すると自動車専用ローンの方では20歳以上であっても学生であるため親の保証人が必要になります。(参考:学生でもローンは組める?

 

未成年はもちろんですが、20歳以上であっても学生である人がマイカーローンを組む際にはやはり親の保証人を求められることになるのです。そのため、マイカーローンを利用して学生が親に内緒で車を購入するのはムリということになります。

 

車の購入で借りるお金は少ない方がベスト!

車を購入すると当然のことですが駐車場の用意が必要になり、更にはガソリン代、任意保険、車検、自動車税といった維持費も必要になってきます。マイカーローンの支払いに加えてこういった費用が必要になるため、やはり車の購入のために借りるお金はなるべく少ない方がベストと言えるでしょう。

 

そのためには車の購入代金を抑えることが必要となってきますが、そうすることで必然的に借りる金額も少なくなってくるのです。それならば親の保証人を必要としない学生ローン業者から借りることのできる金額でも何とか足りてしまう可能性もあります。

 

中古車ならば30万円ほどから購入できる車もあるため、それならば金利は高くなってしまいますが親に借金がバレることなく車の購入が可能になりますよね。親にバレないようにお金借りることができれば、車を買うために借金したことを親に報告しなくて済みますし、余計な心配をかけることもないでしょう。

関連ページ

借入れの用途が学費の場合なら借金できる場所はどこ?
学費には学校の入学金や授業料以外にも多くの費用が含まれています。そのため、国の教育ローンや奨学金などからの融資ではお金が不足する場合もあるでしょう。そんな時には学生ローンを利用すれば、最大で50万円の借入れが可能になるためおすすめですし、大学生ならば大学生協ローンの利用も便利です。
学生ローンの用途には生活費や旅行代金も含まれてる?
学生が生活費や旅行の費用で1万円や2万円、または5万円以上のお金が不足することもあるでしょう。そんな時の不足する金額の捻出の方法にはどのようなことがあるのでしょうか。また、その際の注意点とは何でしょうか。