学生ローン 学費 50万

大学や専門学校の学費はいくら必要?50万円以上かかるの?

大学や短大・専門学校などへ進学するための学費は、それまで公立の高校に通っていた人には考えられないほどの高額となるのです。その費用を親の貯金や学資保険だけで賄うことができれば良いと思いますが、それでも足りないということも多でしょう。

 

大学や専門学校などの学費はいくら必要かと言えば、以下のような感じになっているようです。50万円ではとても足りませんし、それを遥かに超える高額の資金が必要になることが分かるでしょう。

 

大学や短大・専門学校の進学で必要な学費とは?

進学先

1年目の費用

2年目以降の費用

卒業までの合計額

国立大学

817,800円

535,800円

2,425,200円(4年間)

私立大学(文系)

1,176,438円

930,144円

3,966,870円(4年間)

私立大学(理系)

1,426,164円

1,176,913円

4,956,903円(4年間)

私立大学(医学)

4,860,960円

3,561,941円

15,546,783円(4年間)

私立短大(文系)

1,099,766円

854,027円

1,953,793円(2年間)

私立短大(保育)

1,099,444円

848,820円

1,948,264円(2年間)

私立短大(理系)

1,148,577円

921,331円

2,069,908円(2年間)

専門学校(看護)

897,000円

742,000円

1,639,000円(2年間)

専門学校(社会福祉)

1,153,000円

1,022,000円

2,175,000円(2年間)

専門学校(アニメ・声優)

1,275,000円

1,120,000円

2,395,000円(2年間)

さんぽう進学ネット「学費計算機」より】

 

上記のデータは入学金を含み卒業までに必要となる学費の目安であり、もちろん進学する学校により金額が大きく異なる場合もあります。

 

それでも、四年制の大学の場合には国立大学であっても入学後から四年生で卒業するまでに200万円以上の学費が必要になりますし、私立大学だと400万円前後が必要になりますし、医学部が1千万円を超える高額の学費を必要とすることは誰もが知っていることでしょう。

 

2年間の学費が必要となる短大であっても、初年度は入学金が含まれるため100万円前後の金額が必要になりますし、卒業までには200万円近いお金を捻出することとなるのです。

 

専門学校の場合は目指す分野によって学費に開きがありますが、短大と同額かそれ以上の費用が必要になると考えておいた方が良いでしょうね。

 

このように学費とは100万円単位でのお金が必要になるため、最大で50万円までしか利用できない学生ローンからの借入れだけではとても足りないですし、学費の捻出ならば基本的には国の教育ローンや社会福祉協議会の教育支援資金、銀行などの教育ローン、奨学金などから融資を受けることなるでしょう。

 

ただし、上記の学費はあくまでも進学先となる学校に支払う費用であり、実際にはそれ以外にも必要な費用があるため更に多くのお金がかかることになるのです。それでは学費の範囲とはどこまでを言うのでしょうか?

 

学費の範囲はどこまで?

学費についての定義を紹介するとこのようになります。

学費の定義

 

勉学するのに必要な費用。学資。
【引用・コトバンク「学費」

 

学費についてはこのような定義があるため、やはり学校に支払う金額だけではないことが分かります。それでは学費とはどこまでの範囲を言うのでしょうか?例えば、国の教育ローンの用途についてはこのようになっているんです。

国の教育ローンの用途

 

  • 受験費用
  • 入学金
  • 授業料
  • 定期券代
  • 在学のためのアパートなどの家賃
  • パソコンの購入費用

日本政策金融公庫・教育一般貸付(国の教育ローン)「ご利用条件」

学費には入学金や授業料だけではなく、通学するための費用や在学するための生活費、学習に必要な物の購入代金も含まれることが分かりますよね。教科書代や参考書の代金は高額となりますし、アパートの入居費や家賃、パソコンの購入費用やその他の生活費などを合せると一度に50万円を超える程のお金が必要になることもあるでしょう。

 

学費の不足には学生ローンの利用もおすすめ!

学費が不足する場合には、親からの仕送り、奨学金、そして自分のアルバイト収入でも準備することができる場合もありますが、それでもどうしても不足してしまうこともあるため、このような時にはやはり学生ローンの利用も便利ですし、おすすめです。

 

学生ローンとは20歳以上の学生が利用できるサービスとなっていますが、18歳や19歳であっても利用可能な業者も意外にも多く存在しています。また用途については自由であり学費だけでなく遊びや趣味などにも利用できるため、奨学金などよりも比較的自由度の高いローンとなっています。

 

そのため、どうしても学費が不足する時にはまず学生ローンに頼ってみると良いかも知れません。
ただし、学生ローンは学生本人の申し込みが必要ですし、総量規制(参考:総量規制とはという法律があるために50万円を借りるならばその3倍となる150万円以上の年収が必要ですので、大学に進学したばかりではアルバイトでそれ程多くの金額を稼ぐのは難しいかも知れませんね。

 

どうしても50万円借りたいなら大学生協ローン!

学生ローンでは最大50万円ですが、どうしても学費の50万円を借りたいなどの時には、大学生であれば大学生協ローンを利用してみるのもおすすめです。親の連帯保証人の署名や捺印が用意できれば未成年であっても利用可能になっています。

 

学費の他にも自動車学校に通う費用が欲しいなどの用途でも利用できるようになっていますし、1万円から100万円の利用が可能になっているんです。学生ローンの金利が15.0%〜17.0%となっていることと比較すると、大学生協ローンならば9%という低金利ですし、毎月3,000円からの返済が可能になっています。

 

ただし、大学生協ローンならば必ずしも50万円を借りられるとは言えませんし、申し込みから融資までは審査にも一定の時間がかかるため、学生ローンのように即日でお金を借りるのは難しいというデメリットもあるため利用には注意が必要です。

関連ページ

学生も車が欲しい!購入資金が足りない時どうしたらイイの?
学生が車の購入資金を借りたい時、学生ローンからの借入れだけではお金が足りないならば、他のローンの利用も検討することをおすすめします。低金利でお金が借りられるというメリットもありますが、ただし親の保証人が必要となる場合が多いです。
学生ローンの用途には生活費や旅行代金も含まれてる?
学生が生活費や旅行の費用で1万円や2万円、または5万円以上のお金が不足することもあるでしょう。そんな時の不足する金額の捻出の方法にはどのようなことがあるのでしょうか。また、その際の注意点とは何でしょうか。